月別アーカイブ: 2020年9月

-スペイン・バルセロナのチリ人サッカー選手ビダルはイタリアのインテルに移籍

サンチェスとビダル

https://twitter.com/i/status/1308458538436493313

参考記事: -チリ人で一番有名な現役スポーツ選手はバルサのアルトゥロ・ビダルかも知れない
https://chicaragua.com/chile-arturo-vidal-entrevista-80/

バルセロナで活躍していたチリ人サッカー選手アルトゥロ・ビダルはイタリアリーグのインテル・デ・ミランに移籍しました。2年契約、契約金約15億円。

インテルには長友佑都選手が2011年から2017年まで在籍していました。

同チームには昨年からもう一人のチリ人プレーヤー・アレクシス・サンチェス(バルセロナ-アーセナル-マンチェスタU-インテル)も在籍していて、チリ国内でも人気のある2選手が同じチームでプレーすることにチリ人からも歓迎の声が挙がっています。

 

アルトゥロ・ビダル:
“ともにたくさん勝利したいと思っています。頑張れインテル!!!”
“Espero que podamos ganar muchas cosas juntos. Forza Inter!!!”

ビダルはチリ史上最高のサッカー選手なのか? という議論がチリではよくされます。少なくともアレクシス・サンチェスよりも安定して良い成績を残しているので、ミッド・フィルダーとしての評判は良いようです。

http://www.lanacion.cl/el-esperado-encuentro-vidal-ya-se-reunio-con-alexis-en-practica-del-inter/

 

チリ人のコメント:

インテルがビダルとサンチェスに賭けてくれるなんて最高だね。

アルトゥロ・ビダル大先生、やっとバルサを抜け出せてよかった。

毎週、インテルのビダルを見ることができるのは嬉しいことだよ。

https://www.emol.com/noticias/Deportes/2020/09/20/998408/Vidal-viaja-Italia-Inter.html

-チリ人No.1テニスプレーヤークリスティアン・ガリン、錦織圭に勝ち、その次も勝つ

参考記事: -チリのNo.1テニスプレーヤー、クリスティアン・ガリン、次戦の相手は錦織圭
https://chicaragua.com/chile-garin-vs-nishikori-atp-hamburgo/

チリのベストプレーヤー、ガリンは強烈なサーブを駆使して”ATP500ハンブルク大会”(ドイツ・ハンブルク/9月21日~9月27日)の一回戦で錦織圭に6-0, 6-3でストレート勝ちしました。

2回戦では、ヤニッチ・ハンフマン(ドイツ)に勝ち(6-2, 7-6)、3回戦に進んでいます。

Fuente: Emol.com – https://www.emol.com/noticias/Deportes/2020/09/22/998549/Garin-derrota-Nishikori-Hamburgo.html

-チリのNo.1テニスプレーヤー、クリスティアン・ガリン、次戦の相手は錦織圭

参考記事: -チリのプロテニス選手クリスティアン・ガリン、全米オープン2回戦へ
https://chicaragua.com/chile-tennis-garin-atp19/

”ATP500ハンブルク大会”(ドイツ・ハンブルク/9月21日~9月27日)の対戦表によると、チリのベストプレーヤーであるクリスティアン・ガリン(ATPランキング21位)の1回戦での対戦相手錦織圭となっています・

クリスティアン・ガリンは前回のローマ・マスターズ1000では1回戦で敗退していましたし、その前のUSオープンでも2回戦敗退でした。今回も錦織圭との厳しい戦いになりそうです。錦織圭(ATPランキング35位、元4位)との対戦は月曜日か火曜日に行なわれます。

錦織圭は怪我のために1年間のブランクを経験しており、最近はコロナウィルスにもかかっていました。

ガリンと錦織は今まで一度も対戦経験がなく、勝ち抜いた場合2回戦では、ドイツのヤニッチ・ハンフマン(101位)対フランスのガエル・モンフィルス(9位)の勝者と対戦します。

Fuente: Emol.com – https://www.emol.com/noticias/Deportes/2020/09/19/998340/GarinNishikori-ATP-500-Hamburgo.html

-9月18日はチリ独立記念日の祝日

9月18日チリ共和国の独立記念日です。フィエスタス・パトリアス(祖国のお祝い)という正式名称ですが、一般的には18日なのでディエシオチョ(じゅうはち)と呼ばれています。毎年、独立記念日の週はお休みとなり、そこら中に出店が出てお祭り騒ぎとなります。今年はコロナ騒ぎで恒例の軍事パレードも中止となり、屋台などのお店が並ぶフォンダと呼ばれるお祭りも中止になっているようです。

フォンダ(屋台):

https://www.youtube.com/watch?v=HrCxMRqIFrI

Cueca(クエッカ): チリ人が独立記念日に良く踊る舞踏。伝統的な音楽に合わせて男女のペアがハンカチ(pañuelo)を振り回しながら踊る。学校でも必須となっていて、先生が授業で教える。

https://www.youtube.com/watch?v=yekUzrbT4GM

 

東京ではチリ人エドアルドさんが経営しているレストラン、ラ・カサ・デ・エドアルド(La Casa de Eduardo)において独立記念日をお祝いしています。期間は9月15日から23日まで

ラ・カサ・デ・エドアルド(La Casa de Eduardo):

https://www.facebook.com/edojapon1/

 

エドアルド・フェラダさん:

https://www.facebook.com/eduardo.ferrada1

-1000人近くのニカラグア人、米国から強制送還される

9月14日(月)、マイク・ポンペオ国務長官などに宛てた書簡の中で、複数の米国民主党上院議員はトランプ政権に対して、ニカラグア人など、自国からの逃亡を余儀なくされている人々の亡命を拒否する反移民政策をやめるよう要求しました。

 

米国民主党上院議員団:

“ベネズエラ、キューバ、ニカラグアなどの国からの難民や亡命希望者を追放し、危険にさらす現政権の政策は、自由と民主主義の象徴としての米国にしかできない役割を果たすべきなのに、人権無視に対して無神経であり、残酷であるというメッセージを送っていることになってしまいます。”

上院議員団によると、本年度米国は100人以上のベネズエラ人、1300人以上のキューバ人、1000人近くのニカラグア人をそれぞれの国に強制送還しましたが、そのほとんどは犯罪歴がなく、現在は自国内で政府からの報復に直面しているといいます。

 

米国民主党上院議員団:

“ベネズエラ人、キューバ人、ニカラグア人、その他の自国の残忍な政権から逃れてきた人々の保護を拒否し、さらなる苦悩を与えることが、米国の外交政策と人道政策に何の役に立つのか、私たちには理解できません。”

米国上院議員団はまた、トランプ政権が他国の独裁政権から脱出を余儀なくされた個人や家族を強制送還してきた事例を非難し、そのようなケースに対して強制送還を禁止している米国の法律に違反していると訴えています。

米国議員団は、これらの政策を直ちに廃止し、米国への亡命を求める権利を尊重することを求めています。

https://www.trincheraonline.com/2020/09/16/senadores-eeuu-denuncian-deportacion-de-refugiados-nicaraguenses/