月別アーカイブ: 2021年6月

パワーストーンを探して石の展示会に行ってきた

昨日、船橋で行なわれていた天然石、隕石、化石の展示会に行ってきた。

https://www.mineralshow.net/

https://www.mineralshow.net/marche/pdf/4665de5461d622eb13e47a476e3fafbbd9849bdc.pdf

期待していたのは、どちらかというとパワーストーン、霊石だったけどそういった場ではなかったなぁ。

まず、会場が東部百貨店の6階で、他の売り場の隣りという点にがっかり。特別感が全くなかった。

さらに、霊性が高いという雰囲気はなく、ただの石販売、ビジネスマンしかいなかった。

アメリカで石を買っていたお店には、占い師が常駐していて、奥の部屋ではヨガ教室があったり、非常に霊性が高い雰囲気が整えられていたのを思いだす。タロットカード類も売っていたし、、、

それと比べると、今回の展示会には商売の匂いしかしなかった。

 

<ラピスラズリーとジャスパー>

今回買ったのは綺麗な球体のラピスラズリーと十字架型のジャスパー。

値段も手ごろで気に入ったものがあったので良かった。

ラピスラズリ

 

ジャスパー

 

<大事なのは霊性>

日本に常時一般に公開されている霊性の高い礼拝堂がほとんどないのが残念。街を歩いていても、お祈りをするために入ることができる建物がない。

お寺や神社は敷地内に入ることが出来る場所も多いが、中で何らかの活動が行なわれているのをほとんど見たことがない。関係者用の互助会みたいなものだから一般の人達のために何かをする必要がないのはわかるが、広く民のために神様が施しをおこなうためのツールではなくなってしまったようだ。暗~く、重たい、ひんやりとしたイメージしかない。

海外では(カトリック教会が多かったけど、、、)、いつもドアが開いているので、中に入ってよくお祈りをしていた。聖職者がよく出歩いているし、話しかけることもできる。長年の祈祷の積み重ねのためか、霊性が高い雰囲気があって気持ちが良かった。

日本の団体はどこも閉鎖的で、関係者以外は入れないシステムになっていて残念。

太陽の光のように全ての人に平等に無条件に届くのが宇宙エネルギーだから、今日もたくさん光を浴びて楽しく生きていこう。

マイナスのエネルギーを遠ざけて、プラスエネルギーを増やしていこう。

 

 

米国フロリダの12階建てマンション倒壊

フロリダ州で起きた12階建てマンションの倒壊事故。

今までよく起きなかったと思う。

サーサイド市長

”通常こんなことは起きない。
米国ではビルが倒壊することはないのに、ここでは建物が文字通り倒れてしまっている。”

どこの国でも平気で20階建て30階建以上のマンションを建てているけど、40年も経てばそりゃガタがくるでしょう。

倒壊前

倒壊後

アメリカでよく見たのは、地震がない地域だからと安心して壁の薄い組み立て式の住宅やホテルを建てては壊して別の場所に移動する仕組み。

なので、壊れることを前提に作られているとしか思えない。

クルマも同じ。靴を履き替えるように車を買い替える。だから、性能が長持ちする日本車も、すぐに壊れる中国車も一緒と考えているようだった。とりあえず、3年くらい持てばいい、と。そして買い替える。友達も良くそう言っていた。

これからは、世界各地で40年50年経った建造物が突然崩れ始めるのでは、と心配する。けど、すでに橋は落ちているし、教会なんかも燃えていたっけ?

でも、一番怖いのは人工衛星や宇宙ステーションが制御不能になって空から降ってくることかな。

それをどこかの国が兵器として意図的にやったら悲惨だなぁ。

日本やチリのように自身が頻繁に起きる国では高い建物を建てるべきではないのに何故,やめられないのかなぁ。

50年後のことを考えていないのだろう。

崩れる時は必ず来るのに。

恐怖政治も同じ。命令だけで成り立ている組織は必ず崩壊する時が来る。人々の幸せを優先しない指導者はだめだ。今はどこの組織もKPIで判断する。どれだけ数字を達成したか。目標を果たしたか。そのために払われた犠牲には対価を支払わないので、人々は次々と倒れていく。そして、その犠牲の上に数字は積み上がり、組織は生き延びていく。

We need to pile up positive energy from the universe within ourselves to protect us from negative energy attacks. To do it, we need to have our own contact method with God or a universal energy source. It is not what someone said, but it is what I discussed with my God directly. The direct relationship between myself and God is the most important point. If not, to whom are you following, a human or God?

 

 

 

チリから東京オリンピック参加者51人

チリオリンピック協会によると、今回、チリからオリンピックに参加するアスリートは51人だそう。

https://coch.cl/team-chile-ya-suma-51-clasificados-a-tokio/

1. Kristel Kobrich 水泳

2.Francisca Crovetto 射撃 Skeet

3.Esteban Bustos 射撃 Pentatlon

4.Martin Vidaurre MTBバイク

5.Maria Jose Maillard カヌー

6.Karen Roco カヌー

7.Macarena Perez BMXバイク

8.Simona Castro 体操

9.Clemenete Seguel ヨット

10.Yamani Acosta レスリング

11.Fernanda Aguirre テコンドー

12.Paulina Vega 卓球

13.Gabriel Kehr 陸上

14.Katina Proestakis フェンシング

15.Tomas Barrios テニス

16.Maria Fernanda Valdes 重量挙げ

17.Arley Mendez 重量挙げ

18.Joaquin Niemann ゴルフ

19.Cristian Garin テニス

20.Catalina Soto 自転車

21.Humberto Mansilla 陸上

22.Josefina Tapia スケボー

23.Eduardo Cisterna 水泳

24.Eber Sanhueza カヌー2人用

25.Cesar Abaroa カヌー2人用

26.Andres Aguilar アーチェリー

27.Esteban Grimalt ビーチバレー

28.Marco Grimalt ビーチバレー

29.Manuel Selman サーフィン

30.Barbara Riveros トライアスロン

31.Diego Moya トライアスロン

32.Virginia Yarur 乗馬

33.女子サッカー18人

34.乗馬補欠1名

チリで遂に年金基金の全額引き出し議論が始まった

<年金全額引き出し案>

チリでは国会議員が各自が貯めている年金基金を全額引き出してコロナ禍に対応してはどうか?という議論が始まったようです。

政権党の国会議員の提案ですが、与党幹部は慎重な対応が必要としています。

ここまで3回(各10%)の年金基金引き出しが認められてきました。

すでに全額引き出してしまった人もいます。

議論のメインポイントは:

”コロナ禍のもと、金欠で死んでしまっては、年金受給の65歳を迎えることもできない。今、生き延びるためにこのお金が必要なのだ”となっています。

確かにその通りだと思う。

これにより、仮に100%の引き出しが求められなかったとしても、4回目の10%引き出し法案提出が加速化されるのは間違いないだろう。

<チリのロックダウン再び>

やっと外出禁止令が解除され、お店を再開する準備をしていた首都サンチアゴの人達ですが、再ロックダウンが土曜日に始まることになり、自営業者は絶望しています。

ワクチン接種回数では世界トップなのに感染者が爆増しているのは不思議です。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/vaccine/world_progress/