月別アーカイブ: 2021年8月

米国が自国民をアフガンで見捨てる悲劇が発生、さすがのジョー

米国軍関係者12人がアフガンで殺害された件に関して話をしている米国大統領ジョーバイデンのライブ映像を観た。

まず、目に自信がなさそうだし、覇気が全く感じられない。

見ていて、つらくなるほど悲しい雰囲気を漂わせている。お疲れのようで~

これでは米国の最高司令官として国民の声明と財産を任せられないと思った。

そして、スピーチの途中で、”誰に質問させるか指示されているんだ”とか誰かに操られているかのような発言もメディアに上げ足を取られていた。まあ、みんな分かっているんだけどね。

確かに、犯人を追い詰め償わせる、とか言っていたけど、そのテロリストと繋がっているはずのタリバンに”米国人を空港に入るまでは守ってね”とかお願いしている時点でアウトでしょ。敵にお願いなんて、弱気~

いつから米国はこんなに腰抜けになってしまったのか。

現地のマッケンジー米国軍司令官の説明を聞いたけど、官僚が軍服きているみたいでおかしかった。ただのサラリーマンみたいだった。

また、9兆円以上する軍の武器などを置き去りにしてタリバンにプレゼントしてしまったことには驚いた。

その武器でこれからアメリカ人が殺されてしまうかもしれないのに、、、

8月31日までに軍関係者を帰国させるそうで、その後は残された米国人達は見捨てられるのだろう。

助けるとは言っているが、どこまでも救いに行くとハッキリと言ったわけではない。ごまかしに聞こえた。

これに対して米国メディアがそれほどヒステリックに怒っていないので、想定内なのでしょう。

あるいは、主要メディアもグルなのかも知れない。CNNなどの主要メディアはCIAにコントロールされているようだ。

とにかく、新しく戦争を起こす口実が出来たので、軍は新しい武器を買い、ターゲットを明確にして作戦を決行し、予算を増額することが出来るから文句を言う人があまり増えないのも理解できる。

順番がおかしい。

まず、全員退避したのを確認してから、軍関係者の引き上げが必須なのに、軍を引き上げてから、残された米国人を救出できなくなっているし、メディアによると、米国人のリストをタリバンに渡して”この人たちを非難させたいから協力して”とか頼んでいるらしい。

ヒットリストのようで怖い。

日本の自衛隊機もアフガン首都の空港に着陸したけど、日本人が空港までたどり着けなかったので、誰も乗せずに飛び立ったとか、恐ろしすぎるニュースを読んだ。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000226898.html

いったい、みんなどうしてしまったのか、戦うことを忘れてしまったようだ。

このままタリバン政権が承認されてしまったらテロの温床となり世界中が大混乱となりかねない。

そうなれば、キリスト教国家の威信は地に落ち神様を信じる者達の士気もガタ落ちだろう。

とはいえ、いつも人類が想像もし得ない方法で計画を遂行する宇宙エネルギーのことだから、今回も人間の浅はかな知恵では思いつかないような展開が待っているのだろう。

期待して待っているしかない。

 

 

 

 

 

 

ボーっとしていると起こり得ること

やはりラテン系の人達は人知を超えているのか?

チリ共和国で起きた事件:

木材を積んで橋を渡ろうとしたのはいいけど、5トンまでという制限があるのに、このトラックの重さは50トン、これでは橋が崩れるはず。

それにしても不幸中の幸いとはこのことか、橋が落ちなくてドライバーは無傷で助かったとのこと。

とはいえ、地元のおばちゃんは”橋を渡って街まで行けなくなって迷惑だ”と怒っていた。

5トン制限の橋で50トンのトラックが通れると思ったか、何も考えていなかったのか、そんなドライバーは無敵だろうなぁ。

そうやって人生を切り抜けている人達に普通の一般人が勝てるとは思えない。

中南米では、そのようなツワモノ達がそこら中にいたので、これではフツーの日本人が太刀打ちできるわけがない、と何度も思ったもんだ。

計算機を使っても計算を間違う銀行員

お釣りの計算を間違って逆切れするスーパーの店員

検問所で一般車を止めて賄賂を要求する警察官(ちなみにチリではない)

いずれにしても、毅然と氣を張って負けずに押しを強くして対応すること。

笑顔でやさしく接するとカモだと思われて相手のペースに引きずりこまれてしまうので注意。

残念ながら、”とりあえず喧嘩腰”スピリットが必要なのは確かです。

自分の領土は自分で守れ

 

 

 

8月8日にいったい何のライオンズゲートが開いたのか?

2021年8月8日にライオンズゲートというスピリチュアルポータル(霊界への扉)が開きやすくなる、と説明しているスピ系の人達のユーチューブやブログが大量にアップされていた。

でも、いったい何が変わったのか?

ハイチでは大地震が起きて、大勢が犠牲になった。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6401802

 

<ニカラグアでは相変わらず独裁政権が猛威を振るっている>

https://chicaragua.com/wp-admin/post.php?post=1478&action=edit

-11月の大統領選挙を前にして野党候補は拘束・拘留されたまま

-警察は独裁政権の使い走りになっている

https://chicaragua.com/nica-toma-de-oficina-54/

-カトリック教会も攻撃・焼き討ちされてから静かになってしまった

https://chicaragua.com/nica-vs-vaticano-incendio-etc/

-唯一の有力日刊紙ラ・プレンサの幹部が投獄され、今後、新聞を発行できるのか怪しくなってきた

https://www.laprensa.com.ni/2021/08/15/suplemento/la-prensa-domingo/2865168-cronica-de-viernes-13-la-toma-de-la-prensa

 

<バイデン大統領がアフガン撤収を明確にした途端、全土がタリバンに掌握されてしまった>

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6401790

そして、アフガン大統領は国外に逃亡。

これでは、バイデンがタリバンに協力したと思われても仕方がない。

と言うか裏取引があったようにも見える。

 

<周りに振り回されてはいけない>

こうなった以上、だれも信用できない。

ただ自分がやりたいことにフォーカスして、自分の周辺にバリヤーが張られるように意識し、結界を張り巡らすことを実行する。

外に向けていた興味とエネルギーを内側に向けて、自分の体と心の動きに注視し、宇宙と自分の接点を大事にするだけでいいんじゃないか、と思う。

どんなに自分が心配してもアフガンがどうにかなるわけじゃないしね。

息を吸うとお腹や胸が膨らむ、息を吐くをへっこむ。

膨らむ、縮むという動きを確認しながら普段より大量に酸素を脳や体中に積極的に送り込んでいると意識が活性化されて通常以上の能力が発揮できるようになる。

これだけで得した気分になる。

 

 

シカゴで一晩のうちに45人が銃で撃たれてすでに数人が死亡、これは内戦状態だな

バイデン政権になってから警察が非難されて予算削減が叫ばれ、メキシコとの国境ではトランプが建てた壁が壊されて続々と不法移民が米国にやってきて犯罪の温床となり、自己防衛のため一般市民が買うため銃器の売り上げが上がっているらしい。

スーパーで銃が売られていて、子供の練習用の銃もあったから、おそらくヌンチャクを買うくらいに気楽に買えるような気がして観ていた。

それにしても銃による殺人事件が毎日起きるのは多すぎる。

国民同士が争う内戦状態で、そこに政府は介入していない、というかやる気が見られない。

シカゴの場合、市長が民主党で取り締まる気がないのでお手上げ。

やはり、この国は自己責任論が強すぎる。

以前、うちの子が通っていた高校の教師が元カレを銃で撃ち殺した時は、日本のような記者会見も開かれず、校長が謝罪することはなかった。

学校も好調も迷惑している被害者ヅラしていたのでビックリ。

そんなお気楽な校長職なら俺でもできるわ。

その時、米国には監督不行き届きという概念が無いのだと悟った。

学校と教師の関係は、コンビニの本社とフランチャイズ・オーナーの契約に似ているかな。

援助はするけど、責任は取ってくれない本社と使い捨ての個人事業主。

そんな感じ。

やはり銃のない社会はいいなぁ。ちょっと生ぬるい感じがして物足りないけど、、、

自分の言葉で国民に語りかけることのできないリーダーのほうが暴走しないとわかっているから安心して見ていられるのかもね。

すんごい良いこともないけど、国家崩壊のようなとてつもなく悪いこともない、ゆるーい政府のありがたみを感じています。

ベネズエラのように通貨の価値が100万分の1になってはたまらない。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN05F8V0V00C21A8000000/

ニカラグアのように11月に行なわれる大統領選挙で無投票当選するために野党候補を投獄し、立候補資格をはく奪する独裁政権もイヤだ。

https://www.afpbb.com/articles/-/3360824

結局は位置大統領は身内の主任警護官にヤラレタようだし。

https://www.afpbb.com/articles/-/3358592?cx_part=related_yahoo

日本の国会議員の皆さん、日本で良かったね。

他国と比較すると間違いなく安心安全な国家だ。