-アルゼンチン、なぜ払わない? デフォルトで借り逃げかぁ?

アルゼンチン政府は約5億ドルの利子の支払いを避けたためテクニカルデフォルトに陥った。

2005年のデフォルトから抜け出すために2016年に借りた借金の利子が払えないなんて、、、まさに借金地獄。

現在、3つ借金していて、一つは2021年の期限、あと2つの期限は2026年と2046年だとさ

アルゼンチン人と話すとよくわかるのは自分達の自慢ばかりで、アルゼンチンが世界の中心だと思っているってこと。そのくせ、自国の政府や国民を利用して、それだけお金を稼ぐかに一生懸命で、あまり犠牲精神は感じられない、かな。

それにしても借金が多すぎる。返済期限が2046年ってどういうこと? 今から26年後ってことは、ほとんどの高齢な政治家たちは、もう生きてはいないだろうに。借りるだけ借りて、その場を何とかしのげればいい、ということなのだろう。

テクニカルデフォルトって結局、払おうと思えば払えるけど、もったいないから、払えないふりして、とりあえず許してもらおうってことでしょうね、きっと。

だけど、間違いない、心の中では絶対に悪いとは思っていないはずだ、、、

https://www.clarin.com/