ニカラグア」カテゴリーアーカイブ

ニカラグアVS米州機構、ニカラグア大統領夫妻のスピーチは哀愁漂いすぎ、もっと明るく~

最近、ニカラグアのネットニュース配信Trincheraのデザインが相当安っぽくなった。

これも現独裁政権に買収されたか、軍門に下ったか、あるいは怖くて忖度しているのかなぁ~。

何だか内容も腰が引けているような印象だし、オルテガ独裁政治が完成に近づいているように思う。

まあ、完成と同時に内部崩壊するかも知れんけど、、、

https://trincheradelanoticia.com/

 

<米州機構 対 ダニエル・オルテガ独裁政権>

南北アメリカ大陸には米州機構と言う国際組織があって各国同士の紛争解決や関係改善を目的としているようです。

で、そこに参加している国の元・前大統領達が

”オルテガを何とかしろ~”

と要求しているというニュースがありました。

https://trincheradelanoticia.com/2021/07/30/expresidentes-piden-a-oea-acciones-mas-efectivas-contra-gobierno-de-ortega/

署名しているのは以下の人達:

スペイン: ホセ・マリア・アスナル首相(1996‐2004)

コスタリカ: オスカル・アリアス大統領(1986‐1990, 2006‐2010), ラファエル・アンヘル・カルデロン大統領(1990‐1994), ミゲル・アンヘル・ロドリゲス大統領(1998‐2002), ルイス・ギジェルモ・ソリス大統領(2014‐2018)

パナマ: ニコラス・アルディト・バレッタ大統領(1984‐1985), ミレヤ・モスコソ大統領(1999‐2004)

メキシコ: フェリぺ・カルデロン大統領(2006‐2012), ビセンテ・フォックス大統領(2000‐2006)

エルサルバドル: アルフレド・クリスティアニ大統領(1989‐1994)

パラグアイ: フェデリコ・フランコ大統領(2012‐2013), フアン・カルロス・ワズモジ大統領(1993‐1998)

チリ: エドワルド・フレイ・ルイス-タグレ大統領(1994‐2000)

コロンビア: セサル・ガビリア大統領(1990‐1994), アンドレス・パストゥラナ大統領(1998‐2002), アルバロ・ウリベ大統領(2002‐2010)

エクアドル: オズバルド・ウルタド大統領(1981‐1984), ジャミル・マウアド大統領(1998‐2000)

ウルグアイ: ルイス・アルベルト・ラカジェ大統領(1990‐1995)

アルゼンチン: マウリシオ・マクリ大統領(2015‐2019)

ボリビア: ホルヘ・トゥト・キロガ大統領(2001‐2002)

 

国民が怖がりそうな、ちょっと暗めのクリスマスメッセージby副大統領・大統領夫人

そして、これで国民の士気が上がるのかどうか疑問が残る相変わらずなダニエル節のらーりくらーり。

雰囲気だけで良くわかります。

 

非常に暗~い感じが目立つニカラグア大統領のスピーチ。何だか人生つらそうですね。

7月19日はニカラグアのダニエル・オルテガ大統領が所属するサンディニスタ政党の革命が成功してから42周年の記念日でした。

オルテガ大統領のスピーチを観ましたが、非常に寂し~い声のトーンで話すので、何だか悲しくなってしまいました。

革命で多くの戦友を失ってしまった暗い思い出があるのでしょうけれど、最貧国ニカラグアのつらい現実と重なって何だかとても重た~い雰囲気に満ち溢れている、全く喜びが感じられない様子を是非感じ取って下さい。

スペイン語が分からなくても、国全体の雰囲気がよ~くわかりますよ。

まず顔が暗い。

下のビデオからどうぞ、、、

以下はスピーチの一部を普通に翻訳したものと、それを圧政に苦しんでいる国民目線で訳したものです。

通常翻訳: ”ここには国内の治安を守り、安全を構築し、犯罪や麻薬組織とと戦う軍隊があります。そして、私達には市民の安全のために戦う警察組織があります。ですから、皆さんに言います: 団結した人民は決して負けません。武装した人民は決して潰されません。”

国民目線訳: ”麻薬の売買や犯罪は俺たちが仕切っているんだから勝手に行なうなよ。言うことを聞かない奴らはニカラグア軍がしばくからな。政府に文句を言う奴らは警察が取り締まるから大人しく言うことを聞けよ。俺たちを支持しないと、お前らも一緒に米国に潰されちまうんだぞ、わかったか。”

11月に大統領選挙が行なわれる予定ではありますが、独裁政権が有力な野党候補者を全員拘束して牢屋にぶち込んでしまったので、このままでは現役大統領の無投票での当選となりそうです。

まあ、投票が実施されても買収されている人が多いので、余裕で勝つでしょうけれど、何を恐れているのか、独裁者の疑心暗鬼ぶりが見えて心理状態が分かりやすくとても勉強になります。

 

ニカラグアでの生活は大変そうだ、ユーチューバー・ハロル編

最近、Harol Nicaraguaというユーチューバーをフォローしている。

ニカラグア人の生活を上手に紹介しているチャンネルで、生活に困窮している人達に視聴者から送られたお金を渡したり、助けが必要な家庭を訪ねたりもしているので興味深く観ていた。

ニカラグアの街中を紹介することも多く。コロナ禍の中、独裁国家でこの最貧国の人々がどの様に生活しているかが良く分かるいい番組が多い。

なのに、どうした?ハロル。

最新のアップロードを観たら、仕事を辞めた、という愚痴のオンパレード。

どうして俺ではなく、別の同僚が出世したのか? 納得できないので辞職した、という文句たらたら、、、

よっぽどショックだったのか全く元気がない様子。

これでは、他人を助けるどころではない。

コメント欄も荒れていて

”視聴者を混乱させることを言うな”

とか

”まったく何を言っているのか分からない”

とかいう、苦情のオンパレード。

そして、次の日、そのビデオは削除されていた。

元気になってくれハロル。

 

 

誰がハイチの大統領を殺害したの?

プロの武装集団だからハイチ大統領の暗殺者は捕まらないだろうなぁ、と思っていたらあっさり捕まってた。でも、トカゲのしっぽかも知れないし、実行犯に指示した親玉がどこかに隠れているんだろうね。

http://www.lanacion.cl/los-seis-detenidos-por-el-magnicidio-del-presidente-de-haiti-son-exmiembros-del-ejercito-de-colombia/

捕まったのは、、、

  • 実行犯は28人
  • 拘束されたのは17人
  • 17人の内訳: 15人がコロンビア人で2人がアメリカ人
  • 3人が警察との銃撃戦等で死亡
  • 8人が逃亡中

まだ、8人がハイチのどこかにいるなんて恐ろしい。他に仲間がいると考えると、相当数の犯人グループがどこかに潜伏しているのだろう。

お隣のドミニカ共和国はすぐに国境を閉鎖。

ハイチがフランス語圏でドミニカがスペイン語圏だから同じ島民だけど植民地支配と戦争で分断された。

写真を見る限りハイチ側は自然に恵まれてなさそう。現地に行った人に聞くと、ハイチ側は岩だらけ、ドミニカ側は自然が豊富という印象を受けたと言う。

確かに左側のハイチは緑が明らかに少ない、、、

<武装集団の目的は?>

キューバのGranmaニュースによると、、、

http://www.granma.cu/mundo/2021-07-09/indentifican-28-sospechosos-del-asesinato-en-haiti-complices-afirman-que-la-mision-no-era-matar-a-jovenel-moise-video

犯人の目的は大統領の誘拐で暗殺ではなかったよう。身代金目当てだったのかも知れない。おそらく、SPなどに抵抗されて銃撃戦となったと想像できる。

捕まったコロンビア人のうち6人がコロンビア軍出身者であると確認されていることから、そちら側の麻薬カルテル系の組織も怪しい。

<武装集団の報酬は?>

アルゼンチンの日刊紙クラリンによると、、、

https://www.clarin.com/mundo/mercenarios-siniestra-exportacion-conflicto-colombia_0_jkzikc8uR.html

コロンビア政府関係者が言うには、4つの企業が襲撃に関係していて、捕まった内の一人は月30万円の報酬を提示されていた、という妻の証言が掲載されていた。

訂正: 実際にインタビューの会話を聞いてみたところ、毎月2700ドルと言っていたので、月30万でした。

<ダニエル・オルテガ包囲網>

そのニカラグアをどうするか、来週12日に欧州連合理事会が開かれて、参加27か国がオルテガ独裁政権をどうするか、を話し合うそうだ。

やっと動き出したか。遅いけど何もしないよりはいいか。でも、あまり有効な手は打てないだろうな。圧力をかけすぎると、さらに意固地になって暴走するだろう。サンディニスタの内部分裂を誘発するのがいいかも知れない。内輪もめは彼らの得意技だから。

ソモサの時代からために貯めてきたマイナスエネルギーがいよいよ大爆発する時がきました~。

今、ニカラグアに住んでいる日本人の皆さんが巻き添えを食わないようにと祈るばかりです~。

コスタリカに避難するのがいいと思う。

 

ハイチの次はニカラグアか?

<ハイチ>

ハイチでは大統領が自宅で暗殺され、大統領夫人はマイアミの病院で治療中(7月9日日本時間)、息子は安全な場所に移動。

首相が代理で国を代表しているけど、国会議員が必要数集まらないので、大統領を手続きや選挙が行なえないと報道されていた。

https://www.latercera.com/mundo/noticia/primera-dama-de-haiti-continua-estable-pero-critica-y-sera-trasladada-a-hospital-en-miami/ZF3GXISBNBCDJCNWH4ZWREO6PY/

<ニカラグア>

ニカラグアでは、現大統領ダニエル・オルテガが11月7日の大統領選挙を前に必死になって無投票当選を画策している。

https://trincheradelanoticia.com/2021/07/08/la-cidh-denuncia-al-regimen-de-nicaragua-ante-la-corteidh-por-la-candidatura-de-daniel-ortega-en-2011/

対抗馬となる野党候補6人全員が逮捕され、現在どこかに拘留されている。また、学生運動のトップも拘束されていて、このままでは自動的にオルテガ大統領継続、となってしまう。

オルテガはハイチの様子を見ていて、自分の周辺のセキュリティーを強化しただろうし、反対派する者達を一掃しないと安心できない精神状態だと思われるので、さらに反対派の迫害が続くだろう。

<ニカラグア警察は機能しないの?>

https://www.policia.gob.ni/

上記のホームページは何故か閉鎖中。

残念ながら、ニカラグア警察はオルテガ大統領の親衛隊みたいなもの。

言うことを聞かないと消されてしまうし、大体警察官の月給が1万5千円~だから、そんなはした金に命を懸ける奴なんていない。

ニカラグア警察の小遣い稼ぎは道路際で車を止めて金をせびること。

無灯火などの軽い違反をしたドライバーを止めて、免許没収がいいか、見逃すのでいくらかくれ,と言う。

警察署に行って罰金を払うよりは、同じ額を警察官に支払って見逃してもらったほうがいいに決まってる。

つまり、金のためなら何でもする系。

以前、100ドルで殺人を請け負った人が捕まってニュースになっていたくらい。

<やはり中南米はこの人次第か?>

何といっても、ラテンアメリカ諸国は米国の圧力に弱い。

少し前、この国の最高責任者が大統領専用機に乗り込むカッコイイ姿が話題になっていましたね。