-チリで、中流家庭向け給付金の受け付け始まる。初日で22万5千件、、、

参考記事: -チリ大統領、中流家庭への支援策発表: 給付金、住宅ローン、賃貸補助金など、、、

今回の給付金は中流家庭向けで、対象となるのは、契約社員、個人経営者、起業家のうち月収が40万ペソ以上2百万ペソ以下の人で、今回30%以上の減収が見込まれている人となります。

財務大臣の説明によると、すでに22万5千人が申請を済ませていて、給付金の額は50万ペソとなっています。

 

イグナシオ・ブリオネス財務大臣:
“本日、日曜日の9時、50万ペソの中流家庭向けの給付金運用初日の夜の時点で、22万5千件の申請が承認されました。”

土曜日の夜に、歳入庁が給付金申請のサイトをオープンしました。このアクセスはwww.sii.clにて可能であり、官報に掲載された法律第21.252号の規定に基づいています。申請は一回限り可能で、期間は8月1日から31日までです。

この給付金は契約社員、個人経営者、起業家のうち月収が40万ペソ以上2百万ペソ以下の人に与えられるもので、2020年7月の時点で収入が30%減となっている人が対象となっています。

過去の給付金→ -チリでは、やはり、給付金と食料配給は貧困層のみ対象だった、、、友人に聞いてみた、、、

http://www.lanacion.cl/bono-clase-media-hacienda-informa-de-225-mil-solicitudes-en-la-primera-noche/