-チリの食料品配給キャンペーン第2弾、今回の箱の中身は?

参考記事: -チリのセバスティアン・ピニェーラ大統領、新たな食料品配給案を発表する

日曜日、社会開発省の発表によると、今回は300万箱の食料品が配布され、半分は首都圏で配られます。これで前回の配布と合わせて、560万箱となります。

前回のキャンペーン: -チリの食料品配布キャンペーン: 配布される箱にはどんな食料品が入っているのか?

社会開発大臣クリスティアン・モッケンバーグ:
“今日、この新しい段階を出発させます。この食糧品配布キャンペーンは新しい試みです。チリ全国の皆さんの不安を勘案して準備されています。それだけでなく、現地の市長達のような現場の指導者達とも連携しています。”

社会開発相は、この第2弾では市長達の要請により、箱の中身に”衛生タオルや避妊具”を追加していると説明しました。

また、”それに加えて性生活に関する参考情報を入れてあります。 これはすでに病院などで配布されているものと同じです。”

 

今回の箱の中身は以下のようになる予定です:

  • お米
  • 野菜
  • マッシュポテト
  • ツナ缶
  • 小麦粉
  • スパゲッティ
  • 石鹸
  • 洗濯洗剤

配布を主導するPrograma Alimentos para Chileは、まず優先的にコロナウィルス感染者のいる家庭から配布することにしています。

そのために、医療関係者が感染者のリストを作成し、感染状況を確認します。

配達に際しては、衛生状態に気を付けながら、前回同様、各家庭に直接配達されるように行なわれます。

この政府のキャンペーンは困窮している家庭優先となっていることに対する理解が求められています。

第一弾配布の際には、もらえない家庭から不満が出ていましたし、逆に裕福な家庭からは、要らないのに配布されたという苦情も聞かれました。

Fuente: Emol.com – https://www.emol.com/noticias/Nacional/2020/07/12/991799/cajas-mercaderia-gobierno.html