-チリで外出禁止令に反して販売した店員と買い物客が逮捕される

commercial

-チリで外出禁止令に反して販売した店員と買い物客が逮捕される

警察の発表によると、チリの首都サンティアゴのメイグ(中国系安売り専門地区)において“3階建ての商業施設が通常営業していることが報告されましたので、従業員22人、買い物客17人を逮捕しました”

計41人が刑法318条に違反していたので検察庁に記録するため警察に移送されました。彼らのうち誰も(この非常時の)労働許可証を持っていませんでした”

保健所の検査員はこの商業施設の衛生状態を検査しています。

 

刑法318条とは:

疫病またはパンデミックが発生した場合、衛生局が命じた隔離またはその他の予防措置を遵守しなかった者を罰するための刑法及び法律第20.393号を改正した法律第21.240号のことを指します。
2020年6月22日

 

この改正案は検疫違反の罰則を強化し、雇用主と企業の刑事責任をはっきりさせるものです。

刑法318条は、“災害、疫病、伝染病発生時に、衛生規則に反し、公衆衛生を危険にさらすものを”処罰します。

https://leyes-cl.com/codigo_penal/318.htm

Carey Abogados

commercio

同法により、以下が改正されています:

罰則が強化されました:

懲役: 刑罰の期間が引き上げられました。
改正前: 61日から540日
改正後: 61日から3年(1095日)

罰金: 上限が引き上げられました。
30万ペソから1000万ペソまで可能になりました

参考記事: -チリでタクシーのトランクに隠れての移動中、警察に見つかる: 何故、バレたのか?

Carabineros detuvo a 41 personas en distribuidora del barrio Meiggs