-チリの給付金はいくら?

5月23日(土)、チリでは緊急家族収入(Ingreso Familiar de Emergencia)、日本でいうところの給付金が49万9千口座に振り込まれた。今回は190万家庭が対象となっているようだ。

対象がいくつかのグループに分かれていて、貧しい家庭優先のようで、グループ1、グループ2、グループ3に分かれている。

非常に複雑で計算が大変そうだ。これでは中流家庭から上はもらえないだろうなぁ。

例えば、一番もらえるグループ1の条件は:

1) 登録世帯の中でも極貧レベル90%(ん?)の家庭
2) 政府の経済指標で脆弱な家庭指標60%以内(なんだこれ?)
3) 定期収入のない家庭(これはわかる)

もらえる金額は?:

例えば、一番もらえるクループ1は5人家族で:

1回目:  $304.000ペソ → 約4万円
2回目:  $258.400ペソ → 約3万4千
3回目:  $212.800ペソ → 約2万8千

ピニェイラ大統領:
”今日、お金を受け取った人たちは、2回目のお金を30日後に、3回目のお金を60日後に受けとることになります”だってさぁ。

東京都のとある区の給付金の申請書は区役所からの発送が6月に始まるっていうのに、チリは早いねぇ。