-チリの給付金: 第2弾第3弾はもうすぐ支給されるか?

チリ政府と国会議員団の間で次回の給付金のための予算案折衝が行われている。今回は、今後20か月の間に、緊急家族収入を一人当たり9,800円と11,200円の間に引き上げる方針。

前回の給付金-チリの給付金はいくら?

今回の政府の提案は、1兆8千億円を使い、20か月の期間に渡って行なうもので、10分の3が今年分、残りが来年と2022年2月までの分となっている。

今回の給付金は?:

政府の提案にはもちろん給付金も含まれている。前回の給付金から増額されて一人につき9,800円と11,200円の間で提案されている。政府の経済指標で脆弱な家庭指標80%の人達を対象にしている。

とはいえ、野党側はまだ足りないと思っているようだ。このままでは一定の貧困層しかもらえないので、それをもう少し広げて多くの国民が受け取れるようにと要求している。

確かに、低所得者しかもらえないのでは中流家庭は不満だろう。

どの層までの人達が実際にもらえたのか、後で友達に聞いてみようっと。

https://www.latercera.com/politica/noticia/gobierno-propone-us-10-mil-millones-para-plan-de-emergencia/ZHXCU7Q32JEUXATMEEWYV4EJQE/