ハイチ大統領暗殺犯の首謀者は米国にいた、で黒幕は?

一応、ハイチ大統領暗殺の司令塔はマイアミで逮捕されたけど、ハリウッドの映画にあるように身代わりで本当の黒幕はこの人じゃないでしょう、って思っている人多いはず。

Christian Emmanuel Sanon

https://www.thedailybeast.com/christian-emmanuel-sanon-mystery-florida-based-doctor-accused-of-plotting-haiti-assassination

“マイアミ在住の自称ドクターがハイチ大統領ジョベネル・モイーズの暗殺を指示したとして捕まりました。代わりに自分が大統領になりたかったようです。”

殺せば代わりに大統領になれるという考えもすごいけど、米国から指示していたっていうのが怖い。

一人につき30万円の月給を出していたとしたら、例えば、30万円x30人=900万円+渡航費+経費で毎月軽く1000万円越えだなぁ。

絶対、裏に資金提供している組織がいるよね。

そこまで捜査の手が届くか見ていましょう。

6月にプライベートジェットでハイチに入国していたというから、ハイチで逮捕されたのかな。

背後にいるのは米国か、ロシアか、キューバかそれともコロンビアか、このクイズは難しいぞ。

米国からFBIと国土安全保障省のエージェントがハイチ入りしているということですので、事件解決に期待しましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください