米国で超有名なネット伝道師ジョエル・オスティーンの説教

現在、米国で最も有名なキリスト教テレビ伝道師のうちの一人がジョエル・オスティーンです。
今はネット宣教師と言ったほうが適切かもしれません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3

彼の説教は良く観ています。
難しいことは言わず、ポイントを絞って誰にでもわかるように話してくれます。
神様と人間の間に教会指導者を入れて複雑に組織化することはせず、単純に”神様とあなたの関係を取り戻して下さい。”というメッセージにフォーカスしています。

以下は2021年7月17日にアップされていた説教からの意訳・要約です。

Something New is Coming
何か新しいことが起きる

*******

イザヤ書 43章19節
見よ、わたしは新しい事をなす。
やがてそれは起こる。
あなたがたはそれを知らないのか。
私は荒野に道を設け、
さばくに川を流れさせる。

*******

人生の中で立ち止まって悩むことはよくあります。
ガッカリした、うまくいかなかった、計画が失敗に終わったなどです。
そこにとどまって、その現実を受け入れるしかないのか、と思うこともあるでしょう。

しかし、神様がイザヤに言ったのは、”あなたの為に新しいことを準備しています。気づいていないだけです”、ということです。

神様が何か新しいことをあなたの人生に加えようとしています。

神様があなたを創造したのは、一定のレベルに達した後、そこにとどまるためではないのです。
そうではなく、あなたの為に、新しいチャンス、新しい出会い、新しい恩恵を用意してくれています。

あなたは経済的にいつも苦労しているように思うかも知れませんが、それに対しても何か新しい計画が準備されているのです。

昇進、飛躍の機会、以前は承認されるはずがないとあきらめていたことに対してもです。

長く患っている病気に関して、良くない検査結果が出ているかも知れませんが、神様は”新しいことを行なっている”と言っています。

”健康状態を回復させ、エネルギー、活力、新しい風をあなたの体に吹き込みます。”

道を踏み外してしまった子供に対して、親が希望を失うことがあっても、神様は何か新しいことを試しておられます。

暗闇の力が取り除かれ、生きる目的や行く先が鮮明になる瞬間が突然やってきます。
長い間囚われていた状態から解放されるのです。

過去にとらわれていては新しい風を見逃してしまいます。
あいつのせいでとか、何が不公平だったのか、何故あの友人は去っていったのかなどに囚われていては、自分自身の行くべき道を見失ってしまいます。

神様が言っているのは、過去の出来事や失敗などにフォーカスしないように、ということです。
いつまでも悔やんでいては新しくやって来る機会を逃してしまいます。

クルマのミラーが小さいのは、後ろを見ることも大事ですが、前を見ることのほうがもっと大事だからなのです。

過去に傷ついたことをいつまでも思い出していると、わざわざ自分で再現してその度に自分を傷つけてしまうことになるのです。

それをやめて、神様にゆだねて下さい。神様はあなたの苦労や涙を見ておられます。

これが交換の法則です。

あなたが暗く重たい過去を捨て去り、神様がそれを引き受けて下さり、代わりにその空間に神様が綺麗な新しいものを入れてくれるという法則です。

心配しないでください。神様が新しいことを準備しています。見えないところで、新しい川が流れ、やがてあなたに達します。もうすぐです。希望を失わず、神様の法則に従って下さい。