-ニカラグアの首都マナグア、たった45分の雨で13地区が洪水に見舞われ、死傷者も。

月曜日の夜に降った雨で首都マナグアの主要地区が大洪水に見舞われた。いくつかの家では膝まで浸水してしまった。→ まあ、よくあることか、、、

https://www.youtube.com/watch?v=fMqwuGGxehE

3年連続で同じ問題が続いているので、マナグア市長には援助をお願いしてあったけど、約束するだけで、何もしてくれなかったようだ。

ある市民によると:

«最初の年には市長は来たけど、それは写真とビデオを撮りに来て、防護壁を約束しただけで何も起きなかった。

2年目には、全く来なくなった。

今回も援助はしてくれなかった。

どうしたらいいかわからない。眠れないし、これからさらに悪くなる»

いつものことだけど、雨により道路の状態もひどくなった。

環境問題(特にごみ):

洪水の問題は、その後、大量の水により浮き上がってきて、家の中にまで入ってくる大量のごみ問題でもある。

レイナ・ルエダ・マナグア市長も45分の昨日の大雨により、以前にもあふれ出してしまった水路がまた許容量を超えてしまったことを認めた。→ でも何もしない、、、

政府の職員が200人ほど現地に動員されたけど、形だけで具体的に何をするのかは決して説明されなかった。→ 対応しているというアリバイ作りか、、、

→ ニカラグアの道路のマンホールの蓋はよく盗まれていて穴だらけなので、雨が降ったりすると、そこから水が沸き上がってきて、地下に沈んでいた大量のゴミが出てきて大変なことになる。

通りが川のようになり、歩いているとマンホールの穴に落ちるので非常に危ない。

気を付けましょう、、、

https://www.laprensa.com.ni/