-チリ人も気にするマヤ歴終末説: ある科学者によると今年6月21日が人類最後の日、、、だった!!

マヤ歴による世界の終わりは2012年にも予言されました。

今回は科学者であるパオロ・タガロギンが2020年6月21日終末説を唱えています。→ もう過ぎてしまった、、、

https://twitter.com/PaoloTagaloguin/status/1272542022142836736

タガロギンの説では:

“ユリウス暦によると、実際に現在が2012年となります(…)グレゴリオ暦に直すことによって1年で11日足りなくなるのです”

計算の誤りを指摘:

グレゴリオ暦を使用しているのが268年(1752-2020)、それに11日を掛けると、結果は2948日になり(…)それを365で割ると8年になるのです

→ この計算も間違っていたら、次は来年の6月21日とか?

https://www.publimetro.cl/cl/noticias/2020/06/21/estamos-todos-locos-cientifico-dice-calendario-maya-senala-hoy-fin-del-mundo.html