-1000人近くのニカラグア人、米国から強制送還される

9月14日(月)、マイク・ポンペオ国務長官などに宛てた書簡の中で、複数の米国民主党上院議員はトランプ政権に対して、ニカラグア人など、自国からの逃亡を余儀なくされている人々の亡命を拒否する反移民政策をやめるよう要求しました。

 

米国民主党上院議員団:

“ベネズエラ、キューバ、ニカラグアなどの国からの難民や亡命希望者を追放し、危険にさらす現政権の政策は、自由と民主主義の象徴としての米国にしかできない役割を果たすべきなのに、人権無視に対して無神経であり、残酷であるというメッセージを送っていることになってしまいます。”

上院議員団によると、本年度米国は100人以上のベネズエラ人、1300人以上のキューバ人、1000人近くのニカラグア人をそれぞれの国に強制送還しましたが、そのほとんどは犯罪歴がなく、現在は自国内で政府からの報復に直面しているといいます。

 

米国民主党上院議員団:

“ベネズエラ人、キューバ人、ニカラグア人、その他の自国の残忍な政権から逃れてきた人々の保護を拒否し、さらなる苦悩を与えることが、米国の外交政策と人道政策に何の役に立つのか、私たちには理解できません。”

米国上院議員団はまた、トランプ政権が他国の独裁政権から脱出を余儀なくされた個人や家族を強制送還してきた事例を非難し、そのようなケースに対して強制送還を禁止している米国の法律に違反していると訴えています。

米国議員団は、これらの政策を直ちに廃止し、米国への亡命を求める権利を尊重することを求めています。

https://www.trincheraonline.com/2020/09/16/senadores-eeuu-denuncian-deportacion-de-refugiados-nicaraguenses/