-ニカラグア、医療関係者のコロナ死101人に: 政府発表のCOVID-19による死者数が116人なのにどうして?

参考記事: -チリ/ニカラグアのコロナウイルス感染状況、8月2日

市民団体(El Observatorio Ciudadano COVID-19)の調査によるとコロナウィルスによる死者の総数が2,537人であり、そのうち101人が医療関係者で、44人が医師でした

市民団体(El Observatorio Ciudadano COVID-19):
“7月29日、医療関係者101人がCOVID-19が原因で死んだと疑われていることが報告されました”

ニカラグア保健省コロナウィルスによる死者数を116人と発表していますが、死因の詳細を明らかにしていません。

市民団体(El Observatorio Ciudadano COVID-19)によるとコロナ死101人の医療従事者のうち、44人が医師、22人が看護師、14人が事務職員、3人が訪問医療関係者、3人が歯科医、7人がサポートスタッフ、その他となっています。

医師とボランティアのネットワークは、COVID-19の症状を示している健康状態にある医療従事者はニカラグア全国で756人いることを報告しています。

診断済みだがCOVID-19感染が疑われる人数:

ニカラグア保健省  → 3,672人
COVID-19市民団体 → 9,044人

市民団体(El Observatorio Ciudadano COVID-19)は、政府の報告は”疑わしい”と断罪しています。
政府がPCR検査を制限しているので、医師は通常の診断で判断するしかないのです。
これでは正確な結果を得ることはできません

ニカラグア医師会と医療関係者は、市民団体(El Observatorio Ciudadano COVID-19)の調査結果に対して支持を表明し、ニカラグア政府に対して”実際の数字”を公表するよう求めています。

参考記事: -ニカラグアの肺炎による死亡者2,344人は実はコロナが原因だったのでは? 政権による情報操作か、、、

https://www.trincheraonline.com/2020/08/02/mueren-101-trabajadores-de-la-salud-con-sospechas-de-covid-19-en-nicaragua/