-やはり、ニカラグアのダニエル・オルテガ大統領はコロナ陽性だったのか?

金曜日、実業家ホセ・ドロレス・ブランディーノによるとダニエル・オルテガ大統領はCovid-19に感染していたということです。

ブランディーノ氏はオルテガ大統領の息子の義父ですが、政治的には反政府側支持者。

 

ホセ・ドロレス・ブランディーノ: ホアン・カルロス・オルテガ(オルテガ大統領の息子)の妻の父親
“ダニエル・オルテガも苦しんだんだ。もう隠す必要もないだろう。だから、態度が変わった。検査を受けていないけど、症状は出ていたから間違いはない。病院で治療を受けた私の娘と同じ症状だったんだ。それで母の日なのに、孫は母親と一緒にいられなくて私のうちにいたんだ。”

“この政府は自分の体で感じるまでは変われないのかも。これからどうなるか見てみよう。”

独裁者ダニエル・オルテガとロサリオ・モリージョは7月19日のサンディニスタ革命記念日に登場した時に初めてマスクを着用していた。

とはいえ、スピーチではコロナのパンデミックを最小限に食い止めたと話していた。ニカラグア保健省のデータによると、コロナによる死者が108人、 感染者が3,439人となっていますが、非公式の数字ではもっと高くなっています。7月15日の市民団体の報告では、死者が2,397人、感染者が8,508人となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=VTKUKvog8Ds

参考記事: -チリ/ニカラグアのコロナウイルス感染状況、7月20日

https://www.laprensa.com.ni/2020/07/24/politica/2700511-daniel-ortega-tuvo-covid-19-afirma-su-consuegro-lolo-blandino