-ニカラグアのトップ10ニュース: 8月31日

1) サンディニスタの国旗に対する迫害:

警察の市民に対する迫害が激しくなってきています。先日は国旗を販売していた青年が逮捕された事件が起きました。独立記念日を迎える9月は解放の日であり、国旗を用いて自由を叫ばれると、サンディニズモからの自由を訴える野党連合の活動に勢いがついていしまうので、それを阻止しようとしているように見えます。このような警察の暴力は、野党、他の政党、から非難されています。

→ 独立記念日を前にして、現政府は国旗の使用を規制するかもしれませんね。

 

2) 民間企業連盟(COSEP)会長選挙の行方:

民間企業連盟(COSEP)は1972年に結成された民間企業を保護するための組織で、いくつかの商工会議所を束ねています。
現COSEP会長ホセ・アダン・アゲリは再選するに十分な票を持っているにもかかわらず、立候補しないのかも知れません。
その場合、マイケル・ヒーリーが推薦されるものと思われます。
対立候補としてマリオ・ハノンが挙げられています。

参考記事: 7.COSEP(民間企業評議会)内の政府対反政府の戦い: 
https://chicaragua.com/nica-top10-news-part3-of-3-94/

 

3) 野党国民連合の衰退:

ニカラグアでは、2021年11月7日に大統領選挙を含む国政選挙が実施される予定です。
国民連合は結成から6か月が経ちました。現在、野党連合は内部の権力争いに巻き込まれていて、相互不信が相互不信が原因で次期大統領選挙でサンディニスタを倒すという本来の目的を前に力を失っています。オルテガ政権の戦略として彼の”独裁的”体制に”手を貸す”野党勢力(つまりアレマン元大統領一派など)を作り出すことに成功したため、内部から切り崩されています。

参考記事: -発足以来6か月経ったニカラグアの反政府野党連合は分裂するのか?
https://chicaragua.com/nica-problema-unidad-con-plc-y-jovenes/

 

4) 青と白の国民連合(UNAB)と市民連合(Alianza Cívica)の仲たがい:

野党連合の中核を成している青と白の国民連合(UNAB)と市民連合(Alianza Cívica)ですが、市民連合(Alianza Cívica)の一部の組織が野党連合から脱退しようとしています。やはり、野党連合内部の権力争いを嫌っているのでしょう。これに対する、今後の青と白の国民連合(UNAB)の対応が注目されます。

参考記事: -ニカラグア、野党統一のための国民連合に自由立憲党(PLC)を入れたのは間違いだったのか?
https://chicaragua.com/nica-plc-cn-unidad-nacional/

 

5) 農民運動(Movimiento Campesino)と野党国民連合の対立:

農民運動(Movimiento Campesino)は野党国民連合に残る条件として”政治犯”の釈放を公約にすることを要求しています。
市民連合(Alianza Cívica)は、農民運動(Movimiento Campesino)が裏で自由立憲党(PLC)と手を結んでいると非難していて、収拾がつかなくなってきました。

 

6) 各航空各社の国際商業便の再開予定日:

ユナイテッド航空 10月1日
アエロメヒコ航空 10月1日
コパ航空  10月1日
エアヨーロッパ 10月3日
アビアンカ航空 10月4日
アメリカン航空 10月7日
スピリット航空 未定
デルタ航空 運航停止

 

7) 亡命者への迫害:

政府は、ニカラグアから亡命しようとする者、あるいは帰国しようとする者たちに事前に犯罪者という烙印を押して、捕まえる傾向にあります。
そのため、本来はたとえ犯罪者であっても正当な裁判を受ける権利があるのですが、現政府は独自に罪状を決めて逮捕する傾向があり、人権団体弁護士からは”亡命中の国民の帰還を脅かすものだ”と非難されています。

 

8) 親組織米州機構(OAS)と下部組織米州人権機構(CIDH)の対立:

米州機構(OAS)が米州人権機構の会長を再契約しないことが問題となり対立しています。

 

9) パンデミックの現状:

政府の発表:
総感染者数4,494人、死者数137人

ニカラグア市民団体の調査:
総感染者数9,998人、死者数2,680人

参考記事: -チリ/ニカラグアのコロナウイルス感染状況、8月22日

 

10) 米国共和党大会終了:

共和党はドナルド・トランプ大統領を候補者に指名する党大会を終えました。

https://www.trincheraonline.com/2020/08/30/top-ten-semanal-xxxiii-2/