-ニカラグアの将来はトランプかバイデンかで大きく変化する、どっちがいいの?

米国大統領によると、現在、アメリカ合衆国は以下、3つの大きな問題に直面しています。

1) パンデミックが原因となっている公衆衛生上の危機

- 10万人以上が死亡

2) 同じ理由による経済危機

- 4千万人以上の人々が失業

3)  全米規模の人種差別的・政治的暴力、街頭での抗議活動、政権への暴力、破壊行為、略奪行為

- きっかけは、白人警官によるアフリカ系アメリカ人の殺害

ニカラグアへの影響は?

米国は、ニカラグアにとって政敵であるはずなのに、実は主要なビジネス・金融パートナーであり、ニカラグア国民の多くは、アメリカに誰かを送り込み、送金させることによって生計を維持している、あるいは、それを目標としている家庭が多いので、アメリカの危機はニカラグアの危機でもある。

ニカラグア=独裁政治、アメリカ=民主主義政治

次の米国大統領選挙でトランプ氏が負けるようなことになれば、ニカラグアの独裁政治は延命するでしょう。

どちらにしても、次期アメリカ大統領がトランプ氏になるのか、バイデン氏になるのかによってニカラグアの将来が大きく左右されるのは間違いない。

アレマン大統領やボラニョス大統領の時は状況が好転すると期待していたのに、何故、ニカラグア人の多くは現在の政権党に投票することを決断したのか。

まあ、政府が国民に無料で種を配って、それを植えて、収穫/販売するように援助しても、食べるものがないので、すぐにその種を食べ尽くして、もっとくれ、と言う人達だから、国の将来を考える余裕がないのは仕方ないかなぁ。

https://www.laprensa.com.ni/

-ニカラグアの将来はトランプかバイデンかで大きく変化する、どっちがいいの?」への2件のフィードバック

  1. アメリカは、中国抜きで、経済自立する時ですね!(中国が、世界の工場などと呼ばれていますよね)


    1. まあ、どちらも高齢ですから、いずれは新しいリーダーが出てきて時代が変わるのでしょうけれど、それまではそう少し踏ん張ってほしいですね。


コメントは停止中です。