-パンデミック後のチリで生き抜くための新しい5つのルール: チリ人は黙って従うことができるのか?

ここ最近、コロナウィルスの最悪な状況を脱した国々は少しづつ“新習慣”と呼ばれる生活様式を勧めています。

実際にはウィルスは消え去ったわけではなく、油断していると再度、私達を襲ってきますので、日常生活に戻る際、感染を被害を最小限に抑えるために何らかのルールが必要になってくるわけです。

ニューヨーク・タイムズ紙が専門家に聞いた感染をコントロールするための“新習慣”5つのルール:

1.- 自分の地域あるいは訪問する場所の陽性率と感染率を知っておく:

不自由ではあるが、感染リスクが高い場所へは行かない。

 

2.- 接触する人の数を制限する:

接触は家族内にとどめる、あるいは、友人のグループを作り、その範囲内でのみ行動する。

 

3.- 外出のスケジュール管理を徹底する:

感染リスクの高そうな場所を避ける選択をする。高齢の両親訪問 vs 誕生会出席など

 

4.- 感染の可能性のある集まりは可能な限り短時間の出席にする:

感染者かも知れない人たちとの接触を避ける、あるいは、短時間にとどめる。

 

5.- 感染を防ぐために予防の習慣維持を忘れずに: 

マスクの着用、距離感の維持、屋外での集会、手洗いを心掛け、なるべく物に触れないように。

 

→ 挨拶でほっぺにキスをするし、何度も抱き合うチリ人には無理だろうなぁ。唾を飛ばしあって口論するのが好きだし、、、

 

Fuente: Emol.com – https://www.emol.com/noticias/Tendencias/2020/06/17/989365/Coronavirus-reglas-minimizar-riesgos-normalidad.html